軽重量鉄骨造

音があまり響かず住みやすい

軽重量鉄骨造は木造に近く、鉄骨造よりも音が響くと言われましたが、そんな事はありませんでした。私は2階建ての軽重量鉄骨造の2階に住んで2年経ちますが、隣や下の方の音に対してあまりうるさいとは感じておりません。部屋探しをしている時に木造の建物を何回か下見に行った時は、結構音が響くなという印象だったので、軽重量鉄骨造の家も同じようなものと聞いていましたので、住む前は心配していましたが、本当に静かで住みやすいです。私が2階建ての2階に住んでいることと、周りの方が音を立てないようにしてくださっているからかもしれませんが。階下の方が引越しをされ、新しく幼稚園児のお子さんがらいる家族が住まわれてからは子供の走る音は聞こえるようになりましたが、それほど気にするようなレベルではないと感じております。

軽重量鉄骨造の良い所

軽重量鉄骨造の建物に住んでいますがまず第一に挙げられる良い所は何と言っても地震に強く頑丈であるという所でしょう。うちは平家なのですが建築中に鉄骨屋さんの話しを聞いた時に『◯◯さん、この造りなら震度7でも全然大丈夫だよ』と言って頂き安心したものです。震度7は大袈裟でも頑丈なのは素人目にみてもわかります。建築中に見ていた太い鉄骨を何十本も地中におさめて行く様は自宅と言うより工場を作っている様でした。普段よく見る光景の木のボックスを積み上げて作る家とはまるで強度が違いますね。気に入ってる箇所として内装の鉄骨剥き出し部分です、太い鉄骨を隠さずあえて出してインテリアの一部として一体化させると雰囲気がより一層増すと思います。天井も同様剥き出しにする事で自宅と言うよりはお洒落なカフェか美容室みたいに演出出来ます。金額は木造よりかかってしまいますがこれからずっと住んでいく一生物のマイホームですので軽重量鉄骨造をオススメします。